更新

  • 2017年5月8日 : アンネのバラが今年も平和を願って咲き出しました。
  • 2017年4月24日 : 森田進牧師について、及び行事を更新しました。
  • 2017年4月21日 : 一部サイトを更新しました。
  • 2017年4月3日 : 教会の沿革を一部、 更新しました。
  • 2017年3月19日 : 行事を更新、写真等を更新しました。
  • 2017年1月22日 : ホームページリニューアル。
礼拝堂 埼玉県新座市栄4-6-17



教会の沿革







 大泉ベテル教会の誕生は、故・深津文雄牧師が日本ではじめてディアコニッセ運動を立ち上げ、さまざまな事情で保護を必要としている女性のための施設をこの大泉に開設したことに由来します。  そこで奉仕するディアコニッセ(奉仕女)と利用者たちによって守られていた施設内での礼拝に、地域の人たちも参加するようになり、1961年に日本キリスト教団大泉ベテル教会として、教団より認可されました。  その後、礼拝堂を施設別館(新座市栄)に移し、地域の教会として宣教活動を続けてきました。なお、教会の事務所は現在も社会福祉法人「ベテスダ奉仕女母の家」(練馬区大泉学園町)にあります。











トップへ

集会案内

聖日礼拝

日曜日 午前10時半

こどものれいはい

日曜日 午前9時半

カナの会

(第二水曜日) 午後2時 さんびかを歌う会

ベテル文庫

(第三月曜日) 午後2時 新約聖書の通読と話し合い

マリア会

(第四日曜日、原則、変更もあり)礼拝後

※どなたでも参加できます

トップへ
牧師の紹介

森田 進 牧師
1941年生まれ
学歴
 埼玉県立浦和高等学校卒業
 同志社大学文学部
 早稲田大学文学部国文科
 東京神学大学修士課程

職歴
 梅光女学院高等学校    1966
 教文館出版部       1968
 日本キリスト教団出版局  1968〜1970
 四国学院大学専任講師   1970〜1983
 恵泉女学園大学教授    1983〜2007
 日本キリスト教団土師(はぜ)教会牧師 2011〜2016年3月
 日本キリスト教団大泉ベテル教会牧師 2016年4月着任

森田進牧師は 今年4月初めに体調をくずし、現在入院中です。
応援には、小倉和三郎牧師、伊籐瑞男牧師、森史子牧師が 協力して下さっています
トップへ
これまでの説教要旨

「深い神の富と知恵」伊藤 瑞男牧師
聖書  詩 編 29:1〜11, ローマ 11:25〜36
2017年6月11日   三位一体主日礼拝
「神はすべての人を不従順の状態に閉じ込められましたが、それ は、すべての人を憐れむためだったのです。ああ、神の富と知恵と 知識のなんと深いことか。だれが、神の定めを究め尽くし、神の道を 理解し尽くせよう。」(32,33節)
神はすべての人を不従順という牢獄の中に閉じ込めたがそれは、 憐れむためであったと使徒パウロは言います。神への不従順は人の 自由意思によるのではなかったでしょうか。そうです。しかし、不 従順の結果は罪の奴隷状態であって、人の欲しなかった苦しみでし た。それは、神が定めた罪への報酬です。それゆえ、神が閉じ込め たと言っておかしくないのです。 しかし、神さまはその牢獄から人を救い出すという憐れみをくだ さいます。その憐みはイエス・キリストによってすべての人に約束 されているとパウロは確信しました。
しかし、異邦人が続々と救われつつある中で、神の民とされたユ ダヤ人たちはイエス・キリストの福音を拒み続けています。パウロ は同胞である彼らが救われることを切に祈りますが、彼らが救われ る道筋は見えません。しかし、神さまは、異邦人もユダヤ人も最後 には救ってくださると信じました。なぜなら、彼らの先祖イスラエ ルに与えられた救いの約束は取り消されることはないと、信じたか らです。
神さまが用意されている救いの富と知恵と知識は絶大で、人間に ははかり知ることができません。さらに、万物は「神から出て神に 向かっている」(36節)ことが分かっているので、人を含めた万物は 神様によって受け入れられ、完成させられることを信じることがで きます。それ故、賛美と栄光を神様にささげるのです。

「最優先すること」小倉和三郎牧師
詩編 119:57〜64 , フィリピ の信徒への手紙 1:12〜20
2017年6月4日 聖霊降臨祭礼拝
使徒パウロは「自分の投獄が福音の前進に役立ったと知ってほし い」(12節) と語っています。パウロの監禁を機会に、教会の信者たちがますます勇敢に 福音を宣べ伝え始めたからでした。これは信者たち一人ひとりが パウロにではなく、キリストにしっかりと結びつ いていたからです。
私たちの信仰もそうありたいものです。 パウロの監禁によって今一つの困難な問題が起りました。それはキリストを 信じながらもユダヤ教の伝統と生活習慣を重んじて、パウロに対して 不満と疑問を抱いていたグループが、パウロの不在を機 会に自分たちのグループを 拡大するためにキリストを盛んに宣べ伝え始めたからです(15~16節)。 人間は誰でも、自分の生活習慣や民族性などを容易に捨てられな いものです。 そこで自分たちと違う人たちと対立することになります この事態に対してパウロは「口実であれ、真実であれ、とにかく キリストの名が拡げられるのを喜ぶ」(18節)と語っています。
これ はキリスト者として極めて重要な、信仰的な生き方の姿勢です。 つまり自分の名誉や立場にこだわるのではなく、キリストとその名が 重んじられ、宣べ伝えられることを最優先しているからです。

2017年5月の説教要旨
2017年4月の説教要旨
2017年3月の説教要旨
2017年2月の説教要旨
2017年1月の説教要旨

トップへ
アクセス地図

日本キリスト教団大泉ベテル教会
礼拝堂・牧師執務室 〒352-0014 埼玉県新座市栄4-6-17
通信・連絡先(ベテスダ奉仕女母の家)
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町7-17-30
Tel 03-3924-2238  fax 03-3921-4962

最寄り駅  西武池袋線大泉学園 駅 。 西武バス「新座栄」「朝霞駅南口」行き乗車。
「天沼マーケット」下車。初めての信号、(キムチ店角)を左折、徒歩2分(約160m)。
お問い合わせ → こちらから



トップへ
行事

イースター礼拝 4月16日(日) 説教 伊藤瑞男牧師

「色とりどりのイースター卵。」

「庭で卵さがしをしました。」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「 讃美歌の歌声が響きます。」

「 聖餐式がありました。」
トップへ

© 日本キリスト教団 大泉ベテル教会.All Rights Reserved.