更新

  • 2018年6月17日 : 収穫して追熟させてあった甘夏みかんはイースターの日にご近所にくばりました。
  • 2018年5月29日: 行事を更新しました。
  • 2018年5月1日 : 今年もアンネのバラが綺麗に咲きました。
  • 2018年4月23日 : 集会案内の詳細を更新、牧師面会日を記載。集会案内を御覧下さい。
  • 2018年4月23日 : 集会案内を更新しました。
  • 2018年4月11日 :ハナニラが綺麗に咲きホームページも少しリニューアルしました。
  • 2018年4月1日 :牧師の紹介を更新しました。御覧下さい。
  • 2018年3月22日 : 甘夏みかんは今年もとても充実しました、写真を更新、御覧下さい。
  • 2017年1月22日 : ホームページリニューアル。
礼拝堂 埼玉県新座市栄4-6-17



教会の沿革



 大泉ベテル教会の誕生は、故・深津文雄牧師が日本ではじめてディアコニッセ運動を立ち上げ、さまざまな事情で保護を必要としている女性のための施設をこの大泉に開設したことに由来します。
そこで奉仕するディアコニッセ(奉仕女)と利用者たちによって守られていた施設内での礼拝に、地域の人たちも参加するようになり、1961年に日本キリスト教団大泉ベテル教会として、教団より認可されました。 その後、礼拝堂を施設別館(新座市栄)に移し、地域の教会として宣教活動を続けてきました。
なお、教会の事務所は現在も社会福祉法人「ベテスダ奉仕女母の家」(練馬区大泉学園町)にあります。

トップへ

集会案内


聖日礼拝

日曜日 午前10時半

こどものれいはい

日曜日 午前9時半

カナの会

(第二水曜日) 午後2時 さんびかを歌う会

ベテルの会

(第四水曜日) 午後2時 聖書を学ぶ会、祈りの会
「ヨハネの黙示録」を学びます

マリア会

(第四日曜日、原則、変更もあり)礼拝後

牧師面会日 (毎水曜・金曜日) 10時30分〜午後4時(予約してください)


※どなたでも参加できます
トップへ

牧師の紹介


坂井賢治 牧師
1941年10月26日札幌生まれ
学歴
 北海道大学法学部法律学科卒業
 日本聖書神学校卒業
職歴
 安宅産業株式会社 1965〜1977
 安宅木材株式会社 1977〜1997
 日本基督教団富士見町教会 伝道師、牧師 1994〜1998
 日本基督教団北広島教会 牧師 1998〜2008
 酪農学園大学非常勤講師 2000〜2008
 日本基督教団片倉教会 牧師 2008〜2015
現在 2018年4月着任
日本基督教団大泉ベテル教会牧師




- お知らせ -

大泉ベテル教会は、森田進前牧師が病いのため辞任され、昨年は、無牧の状態でした。
それでもこの間、小倉和三郎、伊藤瑞男、森史子牧師のご協力をいただいて礼拝を守ることができました。
そして、このたび、新年度4月1日から坂井賢治牧師をお迎えすることとなりました。
感謝をもってご紹介します。



トップへ

これまでの説教要旨


「何か見えるか」   坂井賢治牧師
聖書 詩編119:129-136,マルコによる福音書8:22-26
2018年7月8日 三位一体後第六主日礼拝
主イエス一行がベトサイダに到着すると、人々が一人の目の見えない人を連れて来て、主イエスに触れて頂きたい、と願いました。ここには、病人の意志は、全く語られていませんが、周囲の人々の善意、愛の行いが鮮やかに示され、病人に対する愛があり、また主イエスに触れて頂ければ、良くなる、という人々の信仰がにじみ出ています。
主イエスは、病人に対して、その目に唾をつけ、両手をその人の上に置かれて、「何か見えるか」とお尋ねになりました。その人は、「人が見えます」と答えた。更に、主イエスは、もう一度、両手をその目に当てられると良く見えてきて、病人は、いやされ、何でもはっきり見えるようになりました。
主イエスの弟子たちは、目があっても見えず、主イエスのことは、何も分かっていなかったのです。最初は、何も見えず、分かりませんでしたが、主イエスが繰り返し話されるみ言葉によって彼らの目が開かれ、徐々に理解出来るようになることを暗示しています。
私たちにも同じことが言えます。初めは、何も分からないキリスト教ですが、徐々に理解が深まるのです。主イエスは、人間のために十字架の上で死なれ、人間の罪を赦し、救って下さったのです。
信仰を与えられた私たちは、聖書の言葉によって、私たちの住む世界を、また私たちの生活を変えることが出来るのです。そのために努力をしたいものです。

「キリスト・イエスに結ばれて」  坂井賢治牧師
聖書 エレミヤ書23:23-32
ガラテヤの信徒への手紙5:2-11
2018年7月1日  三位一体後第五主日礼拝
パウロは、ガラテヤの人々に福音を説き、律法によって義とされるのではないことを強調しました。
リスト・イエス、即ち救い主イエスに結ばれているならば、割礼の有無、律法を行うか否かは、問題ではなく、信仰が全てであり、その信仰が愛において現実となるのです。ただ信仰によって、義とされ、神の国に入る約束が与えられるのです。
エレミヤ書23章23節で、神様は、地上の人間の近くにいる神なのか、あるいは遠くにいる神なのか、と言われました。神様は、人間の近くにおられ、同時に、天にあって世界の全てをご覧になり、すべてを支配しておられるお方であります。ですから神様から隠れようとしても、必ず、見つけ出されるのです。偽預言者は、自分の思いや自分の愛を語るのに勝手に「神の名」を使って、民を迷わせているのです。
現代にあっても、サタンは、まことしやかに主イエスの名を用いて、巧みに私たちに迫って来るのです。その誘いに乗らないためには、祈りを熱心にし、真理を見分ける聖霊の導きを切に求めなければなりません。
私たちは、神様の言葉を正しく聞き、理解し、実行し、熱心に祈り、キリスト・イエスに結ばれて、
しっかりと信仰を保ち、信仰から生まれる愛の業に努めましょう。

2018年6月の説教要旨
2018年5月の説教要旨
2018年4月の説教要旨
2018年3月の説教要旨
2018年2月の説教要旨
2018年1月の説教要旨
2017年12月の説教要旨
2017年11月の説教要旨
2017年10月の説教要旨
2017年9月の説教要旨
2017年8月の説教要旨
2017年7月の説教要旨
2017年6月の説教要旨
2017年5月の説教要旨
2017年4月の説教要旨
2017年3月の説教要旨
2017年2月の説教要旨
2017年1月の説教要旨

トップへ

アクセス地図


日本キリスト教団大泉ベテル教会
礼拝堂・牧師執務室 〒352-0014 埼玉県新座市栄4-6-17
通信・連絡先(ベテスダ奉仕女母の家)
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町7-17-30
Tel 03-3924-2238  fax 03-3921-4962

最寄り駅  西武池袋線大泉学園 駅 。 西武バス「新座栄」「朝霞駅南口」行き乗車。
「天沼マーケット」下車。初めての信号、(キムチ店角)を左折、徒歩3分。
お問い合わせ → こちらから



トップへ

行事


イースター礼拝の様子


イースター礼拝では坂井賢治新牧師の司式で聖餐式を守ることができました。
恒例のたまごさがしも楽しみ、満ちあふれる祝福に感謝の一日でした。

トップへ

クリスマス礼拝 / クリスマスイブ讃美礼拝 の様子


「クリスマスイブ礼拝はイエスの誕生を祝い 聖霊にまもられ、豊かな時をみんなで過ごしました。」

トップへ

クリスマス礼拝  どなたでもお気軽にご参加ください。
降誕祭主日礼拝   12月24日(日) 午前10時半


小倉和三郎牧師のお話、聖餐式があります。
礼拝の後 愛餐会、祝会 会費500円

クリスマスイブ讃美礼拝   12月24日(日) 午後7時


森史子牧師のお話、ハンドベル演奏もあります。
フルートとオルガンに合わせて クリスマスの讃美歌をいっぱい歌い、イエスの誕生物語を 聖書朗読で たどります。
お問い合わせ → こちらから
Tel 03-3924-2238  fax 03-3921-4962

トップへ

召天者記念礼拝 11月5日(日)  小倉和三郎先生


私たちの国籍は天にあります。
本年は二名の慕わしく敬愛する方を天に送りました。
先に天に召された方々を記念してお写真を掲げ、礼拝を捧げました。
♪天のみ民も、地にあるものも、父・子・み霊の、神をたたえよ♪
と歌い、召天者記念礼拝は「天に召された先輩たちと今の私たちが、
心をあわせて神を賛美するという貴重な機会です」と教えられました。
遠方よりのゆかりのあるお客様を迎えました。
礼拝後の食事会も和やかに 交わりの時をご一緒できました。
感謝です。

トップへ

イースター礼拝 4月16日(日) 説教 伊藤瑞男牧師



「色とりどりのイースター卵。」

「庭で卵さがしをしました。」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「 讃美歌の歌声が響きます。」

「 聖餐式がありました。」
トップへ
© 日本キリスト教団 大泉ベテル教会.All Rights Reserved.