更新

  • 2017年5月8日 : アンネのバラが今年も平和を願って咲き出しました。
  • 2017年4月24日 : 森田進牧師について、及び行事を更新しました。
  • 2017年4月21日 : 一部サイトを更新しました。
  • 2017年4月3日 : 教会の沿革を一部、 更新しました。
  • 2017年3月19日 : 行事を更新、写真等を更新しました。
  • 2017年2月8日 : これまでの説教要旨を更新しました。
  • 2017年1月23日 : これまでの説教要旨を更新しました。
  • 2017年1月22日 : ホームページリニューアル。
礼拝堂 埼玉県新座市栄4-6-17


教会の沿革







 大泉ベテル教会の誕生は、故・深津文雄牧師が日本ではじめてディアコニッセ運動を立ち上げ、さまざまな事情で保護を必要としている女性のための施設をこの大泉に開設したことに由来します。  そこで奉仕するディアコニッセ(奉仕女)と利用者たちによって守られていた施設内での礼拝に、地域の人たちも参加するようになり、1961年に日本キリスト教団大泉ベテル教会として、教団より認可されました。  その後、礼拝堂を施設別館(新座市栄)に移し、地域の教会として宣教活動を続けてきました。なお、教会の事務所は現在も社会福祉法人「ベテスダ奉仕女母の家」(練馬区大泉学園町)にあります。











トップへ

集会案内

聖日礼拝

日曜日 午前10時半

こどものれいはい

日曜日 午前 9時半

カナの会

(第二水曜日) 讃美歌を歌う会 14時

ベテル文庫

(第三月曜日) 14時

マリア会

(第四日曜日、原則、変更もあり)礼拝後

※どなたでも参加できます

トップへ
牧師の紹介

森田 進 牧師
1941年生まれ
学歴
 埼玉県立浦和高等学校卒業
 同志社大学文学部
 早稲田大学文学部国文科
 東京神学大学修士課程

職歴
 梅光女学院高等学校    1966
 教文館出版部       1968
 日本キリスト教団出版局  1968〜1970
 四国学院大学専任講師   1970〜1983
 恵泉女学園大学教授    1983〜2007
 日本キリスト教団土師(はぜ)教会牧師 2011〜2016年3月
 日本キリスト教団大泉ベテル教会牧師 2016年4月着任

森田進牧師は 今年4月初めに体調をくずし、現在入院中です。
応援には、小倉和三郎牧師、伊籐瑞男牧師、森史子牧師が 協力して下さっています
トップへ
これまでの説教要旨

「獄中からの光」小倉和三郎 牧師
詩篇 130:1〜8, フィリピの信徒への手紙 T:1〜11
2017年5月14日 復活後第四主日礼拝
新約聖書には使徒パウロの手紙が多数収められていますが、その 半数はパウロが囚われの身で書いた手紙であることは特筆すべきで す。しかもその手紙にはパウロの喜びと賛美が満ち溢れています。 フィリピの教会宛の手紙でも獄中のパウロは神への感謝に満ち、喜 びをもってフィリピ信者たちのために祈っています(3~4節)。その理 由は、キリストが苦闘するパウロの身近にあって重荷を共に担って くださることをパウロが実感したからでした。これは正に「神はわ れらの避けどころ、悩める時の、いと近き助けなり」(詩篇46:1)の 信仰です。もう一つの理由がありました。それはフィリピの信者た ちの厚い祈りでした。彼らの祈りが海を隔てたパウロの信仰と伝道 の働きを力強く支えていたからでした。
さらにパウロはフィリピの信者たちがパウロと共に福音にあずか り、キリストの恵みにあずかっていることに非常に励まされていま した(5節、7節)。この“あずかる”が重要です。つまりキリストの 福音にあずかるとはキリストの恵みを戴いて感謝するだけでなく、 福音の働きに参加することです。信者たちが共に力を合わせてキリ ストの働きに参加することです。その点で使徒パウロとフィリピの 信者たちは信仰の同労者でした。教会の牧師と教会員との関係も同 じです。私たちも福音に招かれ共に参加する同労者でありたいもの です。
この手紙が書かれる数年前、パウロがフィリピで伝道している時 に反対者たちによって迫害され投獄されるという試練を味わったこ とが、使徒言行録の第16章に記されてあります。監禁されたパウロ と同労者のシラスは真夜中に、賛美の歌をうたって主なる神に祈っ ていました。するとほかの囚人たちはこれに驚き、耳をそばたてて 賛美と祈りに聴き入っていました(26節)。この光景は正に獄中から の光です。私たちの教会も暗いこの世にあって悩み苦しむ人々にと って、獄中からの光でありたいものです。

「いつも喜んでいなさい」伊藤瑞男牧師
詩編 133:1、テサロニケの信徒への手紙T 5:16〜22
2017年5月7日 復活後第三主日礼拝
「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」  最近、私はこの聖句にますます魅せられています。私が年を取ったせいかもしれません。しかし、今まで気が付かなった真理に気づかされた思いです。 「兄弟」は家族、同族、同胞、また同じ神を信じる者を意味しました。そのように親しい仲間同士が共に座っているのは当たり前で、驚きではないはずです。しかし、詩人は驚きと喜びの叫びをあげています。それは、この兄弟たちが今まで不仲であったからでしょう。 「共に座る」のは何のためでしょう。話し合うためです。あるいは食事をするためです。あるいは、神さまの前に共に座ること、つまり共に礼拝することが考えられます。 共に座るとき私たちは和解と平和の関係に入ろうという姿勢を示しています。この姿を見るのは、大きな喜びです。
テサロニケの手紙では、「いつも喜んでいなさい」と使徒パウロは勧めます。現実的には、いつも喜んでいることなどできないのですが、パウロは次の言葉をも付け加えています。 「絶えず祈りなさい。どんな事にも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」 絶えず祈り、神さまの御心をさぐり、主イエスにあって憐みと恵みを求めるならば、必ず与えられ、感謝へと導かれます。 いつも喜ぶことができるのは、このような信仰の励みをすることによるのであり、またイエス・キリストにおける神の可能性を信じることによってです。 全人類が兄弟として「共に座る」ことができるならばなんという喜びでしょうか。私たちはその幻を与えられています。

2017年4月の説教要旨
2017年3月の説教要旨
2017年2月の説教要旨
2017年1月の説教要旨

トップへ
アクセス地図

日本キリスト教団大泉ベテル教会
礼拝堂・牧師執務室 〒352-0014 埼玉県新座市栄4-6-17
通信・連絡先(ベテスダ奉仕女母の家)
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町7-17-30
Tel 03-3924-2238  fax 03-3921-4962

最寄り駅  西武池袋線大泉学園 駅 。 西武バス「新座栄」「朝霞駅南口」行き乗車。
「天沼マーケット」下車。初めての信号、(キムチ店角)を左折、徒歩2分(約160m)。
お問い合わせ → こちらから



トップへ
行事

イースター礼拝 4月16日(日) 説教 伊藤瑞男牧師

「色とりどりのイースター卵。」

「庭で卵さがしをしました。」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「 讃美歌の歌声が響きます。」

「 聖餐式がありました。」
トップへ

© 日本キリスト教団 大泉ベテル教会.All Rights Reserved.