更新

  • 2017年5月8日 : アンネのバラが今年も平和を願って咲き出しました。
  • 2017年4月24日 : 森田進牧師について、及び行事を更新しました。
  • 2017年4月21日 : 一部サイトを更新しました。
  • 2017年4月3日 : 教会の沿革を一部、 更新しました。
  • 2017年3月19日 : 行事を更新、写真等を更新しました。
  • 2017年1月22日 : ホームページリニューアル。
礼拝堂 埼玉県新座市栄4-6-17



教会の沿革







 大泉ベテル教会の誕生は、故・深津文雄牧師が日本ではじめてディアコニッセ運動を立ち上げ、さまざまな事情で保護を必要としている女性のための施設をこの大泉に開設したことに由来します。  そこで奉仕するディアコニッセ(奉仕女)と利用者たちによって守られていた施設内での礼拝に、地域の人たちも参加するようになり、1961年に日本キリスト教団大泉ベテル教会として、教団より認可されました。  その後、礼拝堂を施設別館(新座市栄)に移し、地域の教会として宣教活動を続けてきました。なお、教会の事務所は現在も社会福祉法人「ベテスダ奉仕女母の家」(練馬区大泉学園町)にあります。











トップへ

集会案内

聖日礼拝

日曜日 午前10時半

こどものれいはい

日曜日 午前9時半

カナの会

(第二水曜日) 午後2時 さんびかを歌う会

ベテル文庫

(第三月曜日) 午後2時 新約聖書の通読と話し合い

マリア会

(第四日曜日、原則、変更もあり)礼拝後

※どなたでも参加できます

トップへ
牧師の紹介

森田 進 牧師
1941年生まれ
学歴
 埼玉県立浦和高等学校卒業
 同志社大学文学部
 早稲田大学文学部国文科
 東京神学大学修士課程

職歴
 梅光女学院高等学校    1966
 教文館出版部       1968
 日本キリスト教団出版局  1968〜1970
 四国学院大学専任講師   1970〜1983
 恵泉女学園大学教授    1983〜2007
 日本キリスト教団土師(はぜ)教会牧師 2011〜2016年3月
 日本キリスト教団大泉ベテル教会牧師 2016年4月着任

森田進牧師は 今年4月初めに体調をくずし、現在入院中です。
応援には、小倉和三郎牧師、伊籐瑞男牧師、森史子牧師が 協力して下さっています
トップへ
これまでの説教要旨

「打ち砕かれた心」    伊藤瑞男牧師
聖書  詩編34:19, 使徒言行録 9:1〜19
2017年8月13日  三位一体後第九主日礼拝
「主は打ち砕かれた心に近くいまし、悔いる霊を救ってくださる。」 詩編34:19
詩編34編は、1節に「ダビデがアビメレクの前で狂気の人を装い、追放された時に」と書いてありますので、 「打ち砕かれた心」の持ち主はダビデであることが示されています。ダビデは、主君サウル王の猜疑心の的となり、 イスラエルにいることができなくなり、隣の敵国ガトに逃れました。このときは、前途真っ暗の状態でしたが、ダビデは主によって救われたことを告白しています。  使徒言行録9章は、サウロ(後のパウロ)の回心の出来事を描いています。サウロは、キリスト者たちとその教会を激しく迫害した人です。 しかし、キリスト者たちは、サウロの迫害に動かされませんでした。 サウロは、彼らの信仰の堅固さに押されるようになり、自分の方が間違っているのではないかという疑いが強くなってきました。 疑いを打ち消すために、ますます熱心に迫害をしました。
しかし、ついに戦いに敗れました。光に照らされて、倒れ、目が見えなくなり、サウロは徹底的に打ち砕かれたのです。 同時に、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」、「わたしはあなたが迫害しているイエスである」 と復活の主に声をかけられ、一瞬の内に主イエスを信じる信仰へと変えられたのでした。それがサウロと教会にとって驚くべき恵みとなりました。
私たちも長い人生の中で、心が打ち砕かれる時があると思います。
その時、主イエスに救いを求めるならば、必ず、答えてくださり、幸いへと導いてくださいます。

「同労者たち」    小倉和三郎牧師
聖書  フィリピの信徒への手紙 2:19〜30
2017年8月6日  平和主日  三位一体後第八主日礼拝
新約聖書には信徒パウロの手紙が多数含まれていますが、その手 紙の差出人がパウロ独りではなく、 連名であることは深い意味があ ります。フィリピへの手紙はパウロとテモテの連名です。 パウロは 獄中にあって苦難に耐えていましたが、孤立無援ではなく、テモテ と言う若い信仰の友、同労者が共にいました。パウロは彼を「息子 が父につかえるように、私に仕えました」(22節)と語っています。そ れは家族的な親しさではなく、共にキリストに仕えるために心を一つ にした姿です。
パウロにはもう一人同労者がいました。 それはフィリピの教会から 派遣されたエパフロディトです。パウロは彼を 「私の兄弟、協力者、 戦友であり、私が窮乏の時の奉仕者で、キリストの業のため死ぬ ほどの目に遭ったのです」 (25,30節) と感銘深く語っています。 このようにパウロと同労者たちは、 「喜ぶ者と共に喜び,泣く者と共に 泣く」 (ローマ12:15) 信仰による同労者の模範を示しています。
本日は「平和聖日」です。 広島に原発が投下された記念の日でも あります。 現在の国際関係は極めて険しくなり、北朝鮮による 核 攻撃の脅威が増してきました。この時点にあって教会の私たちは、聖書の 「彼らは平和の道を知らない。彼らの目には神への畏れがない。」 (ローマ3:17〜18)の御言葉を畏れと悔い改めをもって真剣に受け 止める必要があります。そして、 「御自分の肉を裂き、血を流して、 敵意という隔ての壁を打ち破って、平和への道を拓いてくださった キリスト」(エフェソ2:14)に心から信頼し従う決意を固めましょう。

2017年7月の説教要旨
2017年6月の説教要旨
2017年5月の説教要旨
2017年4月の説教要旨
2017年3月の説教要旨
2017年2月の説教要旨
2017年1月の説教要旨

トップへ
アクセス地図

日本キリスト教団大泉ベテル教会
礼拝堂・牧師執務室 〒352-0014 埼玉県新座市栄4-6-17
通信・連絡先(ベテスダ奉仕女母の家)
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町7-17-30
Tel 03-3924-2238  fax 03-3921-4962

最寄り駅  西武池袋線大泉学園 駅 。 西武バス「新座栄」「朝霞駅南口」行き乗車。
「天沼マーケット」下車。初めての信号、(キムチ店角)を左折、徒歩2分(約160m)。
お問い合わせ → こちらから



トップへ
行事

イースター礼拝 4月16日(日) 説教 伊藤瑞男牧師

「色とりどりのイースター卵。」

「庭で卵さがしをしました。」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「こんなところにも卵がありました!」

「 讃美歌の歌声が響きます。」

「 聖餐式がありました。」
トップへ

© 日本キリスト教団 大泉ベテル教会.All Rights Reserved.